薄毛対策にはミノキシジルが有効な理由

薄毛対策にはミノキシジルが有効な理由

薄毛が発生する原因は様々ですが、その中のひとつには頭皮の血行不良が挙げられます。

 

 

発毛が正しく行われるためには、毛母細胞が正常なサイクルで分裂を繰り返すことが必要です。そしてそのためには、毛母細胞に十分な量の栄養や酸素が供給されることが必要です。栄養や酸素は血液にのって届けられるため、血行不良が発生すると毛母細胞に届く栄養や酸素の量が減少するため、薄毛が発生しやすくなります。血行不良は老若男女問わず、誰しもに発生する可能性があることです。

 

 

特にストレスが強い人や全身の冷えに悩んでいる人、また偏った食事を摂取している人などは注意が必要です。また頭皮を触ってみて、他の部分よりも冷たく感じた人も要注意です。こうしたメカニズムの薄毛対策には、血行不良を改善することが効果的です。

 

 

ストレスを解消する、食事の栄養バランスに気を使う、また頭皮マッサージを行うことなどが有効ですが、同時にそのために効果的な成分を利用するのも望ましいことです。その成分として挙げられるのがミノキシジルです。ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療のために使用されていた成分です。血管を拡張して血流を改善することで血圧を下げる作用があるとされていました。

 

 

ところが継続的にこれを使用していた患者に、毛が太くなったり、濃くなったりする多毛の症状が見られたことから薄毛対策にも利用されるようになったと言う経緯があります。ある臨床調査では、ミノキシジルを規定量、48週間、使用し続けたことにより、薄毛が著明、中等度、軽度に改善されたと答えた人の割合が合計して98%にものぼったと言うデータが出されています。

 

 

また日本皮膚学会でも、薄毛のひとつであるAGAへの対策として推奨できる成分として取り上げられています。このことからも、ある程度は薄毛対策に有効な成分であると言うことが理解できるかと思われます。

 

 

こうした効果以外にもミノキシジルの魅力としては、男女問わず使用できる点が挙げられます。薄毛対策の中には、女性は使用できない成分が含まれているものもあるのですが、こちらに関しては男女問わず使用できます。ですから冷え性などによって血行不良が起こりやすい女性にとっても、効果的な対策のひとつになり得ます。

 

 

一方で副作用の可能性は完全に否定されているわけではないので、不安な方や持病を抱えている人は、医療機関に相談することが求められます。特に血圧関係の不安を抱えている人は注意が必要です。現在、ミノキシジルは配合されている発毛剤やタブレットで利用することができます。